ロスミンローヤルロスミンローヤル トルビタ

ロスミンローヤルとトルビタを徹底比較!

 

シミ消し薬の「ロスミンローヤル」と「トルビタ」。なるべく早く消したいシミに、本当におすすめと言えるのはどちらの商品でしょうか。このページでは、口コミ・成分・価格・続けやすさ…などの観点から徹底比較してみます!

 

ロスミンローヤルVSトルビタ【INDEX】

〜タイトルをクリックすると詳細に飛びます〜

【ロスミンローヤルVSトルビタ】成分・効果を徹底比較!

まずは最も気になる2つの成分やその効果を比べてみましょう。

 

ロスミンローヤル

トルビタ

ビタミンC

180r

2000r

Lシステイン

160r

なし

付加成分

9種類の生薬

ビタミンB2

効果

しみ/そばかす/日焼け/かぶれによる色素沈着/ニキビ/肌荒れ/小じわ/肩こり/腰痛/神経痛/のぼせ/めまい/耳鳴り/冷え性 しみ/そばかす/日焼け・かぶれによる色素沈着/歯ぐきからの出血/鼻出血/肉体疲労時・体力低下時のビタミンCの補給

評価

ビタミンCの含有量はトルビタ、Lシステインはロスミンローヤル

ビタミンCの含有量については圧倒的にトルビタが多く含まれていることが分かりました。

 

ただ、シミやそばかすに効果があるとされているLシステインについては、ロスミンローヤルには160r含まれていますが、トルビタは含まれていませんでした。

 

LシステインとビタミンCを一緒に摂ることでより美白効果がアップするとされているので、どちらも配合しているロスミンローヤルの方がより美白効果が高いと言えそうです。

【ロスミンローヤルVSトルビタ】飲みやすさを徹底比較!

効果を実感するためには継続して飲み続けることが大切です。そこで気になるのは飲みやすさですよね。ロスミンローヤルとトルビタはどちらが飲みやすいのか比べてみます。

ロスミンローヤル

トルビタ

内容量

270錠(30日分)

180錠(30日分)

用法・用量

3錠×3回

1〜3錠×2回

評価

1日に飲む量が少ないのはトルビタ

ロスミンローヤルは1回3錠を1日に3回と指定されています。
トルビタは1日2回以上に分けて合計6錠の服薬を推奨しています。

 

つまりトルビタの方が、1日2回以上に分ければ、自分の都合の良い時に服用可能という事なので、飲みやすいといえるでしょう。

【ロスミンローヤルVSトルビタ】価格を徹底比較!

継続して飲み続けるために気になるのはやはりそのお値段ですよね。2つの商品の価格や定期コースについて比べてみました。

ロスミンローヤル

トルビタ

お試し価格内容量

1,900円30日分

980円30日分+送料400円

定期コース

継続回数

1回目で解約OK

×

 

継続価格

5,800円

3,780円+送料400円

評価

価格面ではトルビタに軍配

ロスミンローヤルの初回購入価格は1900円なのに対し、トルビタは送料込みで1380円で購入可能です。
また継続価格を見ても、トルビタの方がお手頃価格で手に入れることができるため、価格面ではトルビタの方が優れていると言えそうです。

 

トルビタは毎回自身で購入手続きを行う必要がありますが、ロスミンローヤルは定期コースが用意されているので、買い忘れや手続きの手間を省くことができそうです。

 

【ロスミンローヤルVSトルビタ】口コミを徹底比較!

これまで成分や飲みやすさ、価格などを比較してきましたが、やはり気になるのはその効果。実際に使用した方の口コミからその効果について検証してみます。

ロスミンローヤルの口コミ

 

シミと小じわに効果/43歳

 

1瓶飲み終わりましたが、シミ消し効果を実感しています。シミだけでなく、メイクの時に気になっていた目元の小じわまで目立たなくなりました。さらに肌質まで改善し、全身すべすべになりました。


 

悩みが解消/59歳

 

ロスミンローヤルは医薬品なので安心して服用できると思い、購入しました。飲み始めてからは、長年悩まされていた冷え症が解消されました。肌のハリとつやもアップしたように思います。これだけの効果があってこのお値段は、かなりお買い得だと思います。


 

小じわとニキビに効果/32歳

 

シミと小じわ対策に購入しました。今のところシミはまだ残っていますが、ニキビが消え、小じわも目立たなくなった気がします。


トルビタの口コミ

 

シミと鼻血に効果/40歳

 

飲み続けて1ヶ月経ちましたが、シミが少し薄くなった気がします。鼻血も減りました。


 

シミでは悩まない/62歳

 

毎日外出していますが、これを飲んでいるおかげかシミで悩むことはありません。ビタミンCが補給できるので風邪もひかなくなりました。


 

シミが薄く/53歳

 

飲み始めて4か月経ちますが、腕の下の方からシミが薄くなってきました。胸の上のシミはまだ残っていますが、徐々に薄くなっている気がします。


悩みに合わせた選択を

ロスミンローヤルはシミだけでなく、小じわにも効果が期待できるようです。また、血行不良が原因で起こる冷え症や肩こり・腰痛などにも効果があるようです。

 

一方のトルビタは鼻血の減少やビタミンC補給による風邪予防にも効果を発揮するようです。

 

それぞれのお悩みに合わせて、どちらがより効果的なのか選択する必要がありそうです。

【ロスミンローヤルVSトルビタ】会社の信用性を徹底比較!

医薬品を服用するにあたって、その商品を販売している会社の信用性も気になるところです。2つの会社の信用性について調べてみました。

ロスミンローヤル

トルビタ

会社名

株式会社アインファーマシーズ

水橋保寿堂製薬株式会社

所在地

〒003-0005

北海道札幌市白石区東札幌5条2-4-30

〒939-3506

富山県富山市水橋山王町633

どんな会社

調剤薬局やドラッグストアを展開するアイングループ

創業60年の製薬会社

HP

http://www.ainj.co.jp/

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

信用性

どちらも信用性は十分

ロスミンローヤルのアインファーマシーズは調剤薬局1000店舗、ドラッグストアも50店舗展開している会社です。

 

トルビタの水橋保寿堂製薬株式会社は創業60年を超える、置き薬の製造・販売からスタートした製薬会社です。

 

どちらの会社も信用性は十分あると言えそうです。

【ロスミンローヤルVSトルビタ】結局、買うならどっち??

上記をふまえたうえで、結局購入するにはどちらがいいのでしょうか。

ロスミンローヤル

トルビタ

成分効果

飲みやすさ

価格

口コミ

信用性

総合評価

総合的にはロスミンローヤル

ビタミンCの含有量だけで比較すると、圧倒的にトルビタが勝っていました。
価格面でもトルビタの方が優れているという結果でした。

 

しかしトルビタには、ビタミンCとともに摂取することで美白効果が高まるとされている、Lシステインが含まれていません。
そのためシミ消し薬としては、ビタミンCとLシステイン両方を配合しているロスミンローヤルの方が、より高い効果が期待できると言えそうです。

 

また、ロスミンローヤルはLシステインに加え、9種の生薬を配合することで、日本で唯一シミと小じわへのダブルのアプローチが可能となっているようです。
口コミからもその効果は実証されています。

 

これらのことから、より肌の悩みを解決できるのはロスミンローヤルと言えそうです。